目の疲れを癒やして視力低下を予防|栄養素摂取で体の改善をしよう

楽しそうな人たち

活性酸素を抑える成分

黒ゴマ

抗酸化作用で健康を守る

人間が生きていくためには酸素が必要です。しかし酸素を体内に取り込むと活性酸素が発生して酸化し、細胞を錆び付かせてしまうのです。体内の機能が錆び付くと正常な働きができなくなり糖尿病や高脂血症や肝臓の機能の低下などを引き起こします。これを防ぐには抗酸化作用のある成分が必要になります。ゴマに含まれているセサミンにはその抗酸化作用があるのです。セサミンの抗酸化作用は細胞の錆びつきを防止するので生活習慣病の予防や改善に効果があります。さらに肌のシワやシミなどの老化現象にも効果があるため、女性に人気があります。美容のためにセサミンのサプリを飲む女性が増えているのは、体内の細胞を老化させる活性酸素をやっつけることができるからです。

食生活と適度な運動が大事

人間は生きていく限り酸素を体内に取り入れる必要がありますが、それと同時に活性酸素も生まれてくるのです。それが細胞を錆び付かせ、老化を早めるのです。それを防止するには抗酸化作用のある食事をしたり、規則正しい生活習慣をする必要があります。最も手に入りやすくて抗酸化作用があるのはバナナです。バナナには食物繊維が多いので、1日1本食べるだけでかなりの効果があります。またカボチャやニンジンなどのように色の濃い野菜も抗酸化作用があります。セサミンと同じく効果のあるカロチンが含まれているのです。食生活以外では適度な有酸素運動をすることによって活性酸素を増やすことができます。活性酸素によって生活習慣病のみならず老化まで影響することがわかっているので、今後の研究によってさらに抗酸化作用のある成分が開発されて、健康だけでなく美容にも広く使われるようになります。